• twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

人工知能は私たちを滅ぼすのか

計算機が神になる100年の物語

  • 紙版
  • 電子版

人工知能は私たちを滅ぼすのか

計算機が神になる100年の物語

書籍情報

  • 紙版
  • 電子版
  • 児玉哲彦 著
  • 定価:本体1,600円+税
  • 発行年月:2016年03月
  • 判型/造本:46並製
  • 頁数:328
  • ISBN:978-4-478-06809-0

内容紹介

AIはどこから来て、何を変えるのか? ITの専門家がコンピューターの進化論から、この先必ず訪れる驚愕の世界を描く。福岡伸一氏推薦!「2045年、人工知能の発達は人間の手を離れ、独自の進化段階に入る。以降、人間はあらゆる問題から解放される。あなたは本書の最終章を受け入れられるだろうか?」

目次・著者紹介詳細を見る▼

目次

はじめに

プロローグ

第1部 コンピューターの創世記

    ── 私たちが禁断の果実を口にするまで

第1章 人間は心を持つ機械を作れるのか

    ── コンピューターの創造

2030
コンピューターの開発が世界の命運を分けた
考えることは分けること ── デジタル情報の誕生
コンピューターは他の機械を、人間をモノマネする
禁断の果実に手を出した男の失楽園
博士はなぜ悩むのをやめて水爆を愛するようになったのか?
アイフォーンで100万本のアプリを使えるようにした男
世界大戦の中で生み出された、原子爆弾より恐ろしい怪物

第2章 機械は人間をどこまで賢くするのか

    ── 箱舟に導かれたパーソナルコンピューター

2030
反逆児たちがパーソナルコンピューターを生み出した
知能を作るという神の領域への挑戦
挑戦するほどに遠ざかっていく人工知能という目標
パーソナルコンピューターを生み出した「箱舟」
ムーアの法則 ── 生めよ、ふえよ、地に満ちよ
ウンザリするような世界から逃れるために、僕たちはLSDをやる
コピー機屋には理解されなかった大発明
収穫の時を迎えた果実、アップル
反逆の象徴から日常生活のパートナーへ

第3章 インターネットが雲の上に織り成す地球の神経網

    ── 雲まで届くバベルの塔

2030
インターネットで一つになる世界
インターネットの種を蒔いたのは、脳科学者だった
もし世界に一台しかFAXがなかったら
SFが予言した「サイバースペース」の出現
ウェブがクモの巣というのは誤解だった!
クラウドですべてを識ることを目指す ── グーグルの登場
インターネット ── グローバル化する世界に目覚める地球の脳

第4章 スマートフォンはいかにして私たちのポケットを占拠したか

    ── 神と人をつなぐ石

2030
ペンは剣よりも強い、だがケータイはさらに強い
預言者スティーブ・ジョブズの追放が生み出したPDA
スティーブ・ジョブズが挑んだ「次」なる種
ヒッピーとハリウッドが寝て生まれた色白な音楽プレーヤー
世界で初めて成功したモバイルインターネットは「心の社会」だった
PDAを成功に導いたのは脳科学だった
「神の電話」アイフォーンがすべてを変えた
スマートフォン選びは信仰の告白にも似て

第2部 人工知能の黙示録

    ── 神の子が私たちを最後の審判にかける

第5章 人工知能は本当に人間を超えるのか

    ── 聖杯の探求者たち

2030
ついに実現しつつある人間並みの人工知能
シリを生み出したパーソナルコンピューターの血統
ワトソン ── 人工知能がクイズ王になった日
人間の神経をマネするニューラルネット
ニューラルネットの王ジェフリー・ヒントン
ヒントンと「円卓の騎士」たちの快進撃
意味を理解する人間の能力をマネするディープラーニング
ディープラーニングは人工知能を実現する「聖杯」なのか
いよいよ人工知能がやってくる

第6章 IoTと人工知能がもたらす2030年の社会

    ── 千年王国の到来

2030
機械が私たちに代わって判断をする時代に、自由な個人は成り立つのか?
2030年の人工知能を実現する「七つの封印」
ビッグデータ化されるライフスタイル ── あなたは神の目から逃れられない
健康と医療 ── 100歳で死ぬのは若すぎる
安全と安心 ── 悪魔を捕まえろ
環境と資源 ── 人工知能は環境危機に打ち勝てるのか
仕事の価値の逆転 ── モラベックのパラドックス
まっさきに変わりつつある頭脳労働
見聞きする人工知能 ── パターン情報の処理
体を持って生まれ落ちる人工知能
交通と流通 ── 人間が運転するなんて危なすぎる
私たちの仕事は人工知能とロボットに奪われるのか
自由な個人を前提とする近代は終わる

第7章 人工知能は私たちを救うのか、滅ぼすのか

    ── 最後の審判

2030
人工知能は私たちの慣れ親しんだ世界を終わらせる
私たちの世界を変えてきたのは、いつもデジタル情報だった
シンギュラリティはすぐにやってくる
心は作れるのか
人工知能による「最後の審判」
楽園への回帰

エピローグ

おわりに

参考文献




著者

児玉 哲彦(こだま・あきひこ)
1980年、東京に生まれる。父親のMIT留学に伴い、幼少時代をボストンで過ごす。10代からデジタルメディアの開発に取り組む。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにてモバイル/IoTの研究に従事、2010年に博士号(政策・メディア)取得。頓智ドット株式会社にて80万ダウンロード超のモバイル地域情報サービス「tab」の設計、フリービット株式会社にてモバイルキャリア「フリービットモバイル」(現トーンモバイル)のブランディングと製品設計に従事。2014年には株式会社アトモスデザインを立ち上げ、ロボット/人工知能を含むIT製品の設計と開発を支援。電通グループ/ソフトバンクグループのような大手からスタートアップまでを対象に幅広い事業に関わる。現在は外資系IT大手にて製品マネージャーを務める。最近の悩みは、自分の人間としてのハードウェアの性能の限界に直面していること。

プリント版書籍は下記のストアでご購入いただけます。
  • Amazon で購入
  • e-hon で購入
  • HMV&BOOKS online で購入
  • 紀伊国屋BookWeb で購入
  • セブンネットショッピング で購入
  • TSUTAYAオンラインショッピング で購入
  • BOOKFAN で購入
  • honto で購入
  • Honya Club で購入
  • ヨドバシカメラ で購入
  • 楽天ブックス で購入

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるためお取り扱いがない場合がございます。)

電子書籍は下記のサイトでご購入いただけます。

(デジタル版では、プリント版と内容が一部異なる場合があります。また、著作権等の問題で一部ページが掲載されない場合があることを、あらかじめご了承ください。)

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック